葉酸サプリ 効果 いつから

妊活の為には葉酸はいつから本格的に摂取したら良いのでしょうか?

このサイトでは、妊活に必要な葉酸はいつから必要かを解説します。

 

 

まず最初に、何で赤ちゃんが欲しい、妊娠したい方に葉酸をお奨めしているのでしょうか?

 

答えは妊娠しやすくなる・・・為ではありません。
勿論それも理由の一つです。
本当の(最大の)理由は 生まれてくる赤ちゃんが先天性の異常にならない為なんです。
無脳症、二分脊椎・・・なんて聞いただけで恐ろしくなりませんか?
こんな先天性の異常な赤ちゃんにならない事が理由です。

 

それに、こんな状態では 死産、早産・・の恐れもあります。
せっかく授かったのに、これでは悲しすぎます。

 

一方、葉酸がお母さんの身体(血液)に浸透するのってどの位の時間が必要でしょうか?
答えは、3〜4か月です。
それならば、妊娠する3〜4か月前から飲み始めれば良いのでは?

 

一方、生まれてくる赤ちゃんの先天性異常になるか否かは 妊娠後10週間までに決まります。
ここから計算すれば 
妊娠前 約1か月前が限界・・という事になります。

 

確かに計算上はこうなります。
でも、〇月×日に妊娠する・・何て事前には不可能です。
そこで、赤ちゃんが欲しいと思ったら、即刻に葉酸摂取を始めるのが良いでしょう。

 

それに、実際に先天性異常の赤ちゃんが生まれる可能性は非常に少ないのです。
勿論、そうなってしまったら悲劇なんですが、妊娠1か月前から葉酸サプリを飲んでいなかったからと
言っても、余り悲観的にならない方が良いでしょう。

 

実際、妊婦さんが必要とされている、葉酸の摂取基準は次のようになっています。

 

・妊娠していない時の1日の推奨摂取量は240μg です。
・妊娠1か月前から3か月は 1日に640μg
・妊娠中期から後期の葉酸の推奨摂取量は440μg、授乳中は340μgです。

 

これは、厚生労働省が出している指針です。
特に、妊娠1か月前からは普段の2.5倍必要という事です。

 

一方、葉酸を多く含む食品ってどんなものが有るのでしょうか?

 

・鶏レバー  1300
・牛レバー  1000
・枝豆    320
・芽キャベツ  240
・ブロッコリー  210

 

などです7.単位は100gに含まれる葉酸の量をμgで表しています。
これらを積極的に食べる事は大切です。
でも、食品だけで1日に640μgも摂取するなんて至難の業です。
それならば、葉酸サプリで無理をしないで摂取してください。

 

それに、葉酸サプリには葉酸だけが含まれている訳ではありません。
・カルシウム
・鉄分
など、妊婦さんには葉酸以外にも摂取してもらいたい栄養素も多く含まれています。
他にも各種ビタミンや美容成分、乳酸菌が多く含まれるサプリもあります。

 

葉酸サプリって沢山売られています。
どれが良いか迷いませんか?
そこで、おススメの葉酸サプリを何点かご紹介しますので参考にしてくれたら嬉しいです。

お奨めの葉酸サプリ第1位 ベルタ葉酸サプリ
2608

ベルタ葉酸サプリ〜の特徴
 
・厚生労働省推奨400μgの葉酸
・27種類のビタミン・ミネラルを配合
・15mgの鉄分・250mgのカルシウムを配合
・18種類の野菜を配合
・安心・高品質の美容成分を配合
・安心の無添加・無香料・製造チェック
・出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポート
 
妊婦さんには、葉酸の他カルシウムや鉄分が不足するので、
これらを補えるのがとても嬉しい。
又、無添加で無香料なのも赤ちゃんに安心です。

 

価格 特典など 評価
5980円

送料無料、税込。
定期便だと33%オフの3980円

葉酸,サプリ,効果,いつから,何時から
ベルタ葉酸の総評

 

出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポートって他にないですね。
会社がわざわざこんな社員を雇っているのが前向きに思えます。
マニュアルに沿った対応でないので、イレギュラーの質問にも
答えが出せるので、心強いと思います。
これなら、妊娠中は勿論、出産後や授乳中でも相談できるので
>出産後でも使い続けられる葉酸サプリです。

 

 

 

お奨めの葉酸サプリ第2位 BABY葉酸〜ママのめぐみ〜
5425

BABY葉酸〜ママのめぐみ〜サプリの特徴
 
・厚生労働省推奨400μgの葉酸
・カルシウム 270mg
・鉄分 20mg
・ビタミン・ミネラル 27種類
・植物酵素 112種類
・美容成分 8種類
・出産経験のある、女性社員が開発
・原材料、品質試験、最終加工国を明記
・定期購入でもいつでも解約可能

 

葉酸は勿論、鉄分やカルシウムも十分配合されています。
又、原材料から製造過程まで明記されているので、変な化合物が配合されて
いないことが一発で解ります。

 

価格 特典など 評価
6980円+送料500円

初回限定で
4980円で送料無料

葉酸,サプリ,効果,いつから,何時から
BABY葉酸〜ママのめぐみ〜の総評

 

新しい生命に関する事なので、安心安全に拘っている葉酸サプリです。
又、妊婦さんだけでなく、肌荒れに悩む女性にも対応しています。
値段が高いのがたまに傷です。

 

 

 

お奨めの葉酸サプリ第3位 ジュンビー葉酸サプリ
9801

ジュンビー葉酸サプリの特徴
 

 

・葉酸400μg(4粒)配合しています
・モノグルタミン酸型葉酸を使っています。(厚労省推奨)
・1g当たり1兆個の乳酸菌が含まれています
・カルシウム 220mg
・鉄分 15mg
・各種ビタミンも補えます
・14日間の返金保証あり

 

葉酸は勿論、鉄分やカルシウムも十分配合されています。
又、原材料から製造過程まで明記されているので、変な化合物が配合されて
いないことが一発で解ります。

 

価格 特典など 評価
4980円

初回限定300名限定で
1980円で送料無料

葉酸,サプリ,効果,いつから,何時から
ジュンビー葉酸サプリの総評

 

葉酸の中でも、吸収率が高いモノグルタミン酸型を配合しています。
約85%を吸収できるので効率よく葉酸が摂取できます。同じ葉酸でも
ポリグルタミン酸型なら25〜50%の摂取率なので、効率が全く違います。
効率よく葉酸を摂取したい場合にはお勧めです

 

2回目以降は20%割引の3912円ですが、コスパは若干落ちます

 

一番のお勧めは ベルタ葉酸サプリです。

 

3点葉酸サプリを紹介しましたが、ベルタ葉酸サプリが一番です

 

 

 

何と言っても、サポートが充実しています。
それも、わざわざ妊娠出産を経験している正社員カウンセラーがいる事です。
自分で経験しているので、イレギュラーな質問にも臨機応変に回答してくれますし
マニュアルに頼ったカウンセラーと違って質問者の気持ちが解ります。

 

又、妊婦さんって割と孤独で相談に載ってくれる人も少ないのですが
利用しなくてもカウンセリングが利用できるだけで安心できます。

 

又、金額も定期に購入すれば3980円とそれほど高くないのも魅力です。
葉酸の他、カルシウムや鉄分など含まれているので 商品としても魅力があります。
実は、一番売れている商品なので間違いはないでしょう。

 

これらを考えれば、やはりベルタ葉酸サプリが一番です。

 

葉酸の摂り方の注意点

 

 

妊娠初期の女性が葉酸の摂取量が少ないと、何で二分脊髄の発生率が
上がるのか・・残念ながら今の時点ではその理由ははっきりしていません。
しかし、有力な説があり「女性の体内で有害物質である【ホモシステイン】
という物質の増加が原因ではないか・・と、言われています。

 

人間の必須アミノ酸の中にメチオニンという物質があります。
このメチオニンがホモシステインに変化してしまいます。
通常ならば、このホモシステインは葉酸やビタミンB12によって
再度メチオニンに戻ったりします。
しかし、妊娠初期の新陳代謝が不安定な状況では、体内にホモシステインが
堆積されてしまうのです。

 

この為に、妊娠初期には葉酸と同時にビタミンB12やビタミンB6などの
ビタミンB類を多く取る事が重要なんです。
その中でも重要なのがビタミン12
葉酸の働きを助けるばかりか、赤ちゃんの神経系にも作用します。

 

では、ビタミンB12はどんな食品に含まれているのでしょうか?
主に牛や鶏のレバーに含まれています。レバーには葉酸も多く含まれていますので
レバーばかり食べれば良い・・と考えられます。
しかし、同時にビタミンAも多く含まれているんです。
ビタミンAは摂取が多すぎると体内に蓄積されて赤ちゃんの顔などに
やはり、先天性の異常を起こす恐れがあります。
あちらを立てればこちらが立たずですね。

 

結局、葉酸と同時にビタミンB12やB6を摂取出来てビタミンAの過剰摂取にならないには
葉酸サプリしかない・・という結論になってしまいます。

 

 

 

葉酸摂取の注意点

 

葉酸を食べ物から摂取しようと考えた時、注意しないといけない点があります。
葉酸は、熱と水に弱いのです。
食品から沢山葉酸を摂ったつもりでは、実はたいしたことが無い場合があります。

 

・葉酸は熱に弱い

 

 ホウレンソウなどの野菜から葉酸を摂ろうとしても、例えば炒めたり
 味噌汁などの吸い物にした場合、相当たくさん葉酸が破壊されてしまいます。
 結局、野菜の場合生で食べられる場合は生で摂らないと期待した葉酸は
 摂取出来ない訳です。

 

・葉酸は水溶性

 

 又、葉酸は水に溶けてしまうのです。
 同じようにホウレンソウのお浸しを作っても、葉酸は煮汁に半分以上溶けだしてしまいます。
 無理して沢山食べても、中々思ったほど摂取出来ないのです。

 

唯、卵黄に含まれる葉酸は、意外と熱にも水にも強いのです。
効率を考えるには、卵黄から葉酸を摂取するのもありです。